英語を強みとしてキャリアアップに活かす方法とは

自分の強みを把握しよう

英語を活かしキャリアアップをしたいと考える場合、語学としての英語力だけでなく、更に一歩進んで自分の強みをハッキリとさせておくことは重要です。一口に英語と言っても、会話やディスカッションの様に話すことが得意なのか、書類に目を通し内容を瞬時に把握出来る様な読解力があるのか、メールや書類作成といった書くことに慣れているのか、人によって得意な部分は様々な筈です。自分の強みとして経験が豊富であったり、自信がある分野について、きちんと把握しておくことはとても大切になります。

能力を発揮出来るか吟味しよう

着実にキャリアアップをするためには、自分の能力を発揮出来る場を選ぶことも大切なポイントです。企業やプロジェクト名に目を奪われずに、環境を吟味していくことが重要になります。会社の規模が違えば、個人として仕事の範疇で必要とされるスキルが異なることもありますよね。せっかくキャリアアップしたはずなのに、やりがいと言う面で物足りなさを感じてしまっては意味がありません。しっかりと自分の能力を発揮出来る場を選ぶことも、キャリアアップを成功させるためには必要です。

細かな修正をしながら慣れて行こう

多くの会社や部署には、長く型となり使われているものがあります。書類の作成方法やメールでの応対方法、仕事の進め方と言ったものまで、その中身は多岐に渡りますが、余程のことがない限り変わらないものなので慣れていかなくてはいけない部分です。英語力が高いと、文法的なことや言い回しが気になってしまったり、何かと修正したくなる場面に遭遇することもあるかもしれません。けれど、正しい英語よりも、その会社の型に慣れることが優先される場合もありますので、細かな修正をしつつ臨機応変に対処していくことも大切です。

英語力に自信があるバイリンガルな方に海外企業や外資系を目指す英語の転職、グローバルな活躍が待っています。