どうすれば良いの?医師の賢い転職方法3選!

所属している医局にお願いする

医師が転職をしたいと思った際には、一体どのように行動をすれば良いのでしょうか。まずは、自分が所属している、または過去に所属していた医局にお願いするという方法です。求人サイトに掲載されていないような良質の職場を紹介してくれる場合もありますし、強力な推薦状を書いてくれることになれば、転職がスムーズに進むことでしょう。求人が少ない時期もありますが、顔を出してみることによって得られるメリットは多いと言えるかもしれません。

専門の求人サイトを確認する

また、医師が転職をする際に使えるのが、専門の求人サイトです。医師の仕事に特化しており、短期のアルバイトから正社員まで、さまざまな仕事がそろっています。給与形態から福利厚生まで、きちんと詳細まで掲載されていることが多いので、自分に合うところをゆっくりと探してみると良いかもしれません。好きな時間帯にチェックすることが出来ますので、時間を有効活用できるところが魅力です。また、場合によってはエージェントが付いてくれることもあります。

あまり急がない方が良い

最後に、医局にお願いするにしても、求人サイトを使って自分で探すにしても、あまり急がないということが大切です。せっかくの転職ですので、妥協点は少なければ少ないほど良いと言えるでしょう。特に求人サイトでは情報が次々と更新されていきますので、自分へのマッチング度合いが高いものが見つかった際に初めて、エントリーシートを提出してみると良いかもしれません。給与の高低だけでなく、休日の日数や各種手当なども重要です。

ワークライフバランスを実現することが医師の転職情報を探す場合のポイントであり、特に当直が少ないことや、有給休暇が取得しやすい点にこだわるべきです。