医師のバイトをしたいなら知っておこう!勤務体系について

医師でも勤務体系は様々です

医師のバイトをしたい方なら知っている人も多いですが、勤務体系は様々となっていますよ。基本的には常勤、非常勤、夜勤と分けられているもので、働く時間も異なってきます。それぞれの働き方に特徴とメリットがありますので、内容を把握して自分自身に最適な働き方を目指しましょう。給与などの待遇も変わってきますので、希望する待遇に合わせて勤務体系を選択可能ですが、自分の生活のリズムに合わせて働く事も可能ですので、様々な働き方が出来ますよ。

常勤、非常勤の違いについて

常勤とは、一般的にはレギュラー勤務となりますので、安定した収入を望める働き方になります。しっかりと働いて安定した収入を得たい場合には最適ですよ。非常勤は対照的な内容となっており、働く時間は固定されていません。シフト通りに勤務をする体系であり、短時間だけの勤務も可能です。目指している収入の分だけ働けるので、空いた時間はプライベートを充実させるために利用出来ますね。常勤の場合にはボーナスもありますが、非常勤は寸志に設定されている事が多い傾向にあります。

夜勤はどんな働き方?

医師のバイトでの夜勤は、夕方または夜から朝にかけて働く勤務体系です。非常勤と同等の扱いの雇用になりますが、夜勤手当てを受け取れるので、時給分に加えて手当てがあり、給与の水準が高い傾向にあります。高収入を目指したい場合には最適の勤務体系ですね。しかし、給与が高いメリットもありますが、身体への負担は大きな働き方になりますので、十分に健康に注意する事が必要ですよ。救急などを担当しますので、忙しい日や暇な日などに別れますね。

医師のバイトは非常に時給が高いことで知られています。たとえば救急医療関係のバイトの場合、その時給は5千円前後。他のバイトとは比べものにならない高水準と言えるでしょう。